「伏見桃山整骨院」で痛みや不調を根本改善

今回は「膝の痛みの原因が本当に加齢によるものなのか」についてお話していきますね。膝の痛みに悩まされている方はとても多く、中には長年痛みとうまく付き合いながら生活されている方もいらっしゃいます。そういった方達に話を伺うと整形外科でレントゲン写真をとってもらったが何も異状なく、加齢によるものといわれたそうです。確かに、加齢による変化は誰にでもおこるものであり、完全に防ぐことは今のところ不可能とされています。ですが、原因は本当にそこだけなのでしょうか?実際、ご年配の方でもとても足腰が強く、膝の痛みしらずな方はたくさんいらっしゃいます。その方達も同じように年齢を重ねてきたはずなのに、なぜ違いがでるのでしょうか?その答えのカギは、膝の関節そのものではなく膝周りの筋肉の柔軟性にあります。我々が今まで多くの利用者さんに対して施術を行ってきたなかで、膝の痛みや違和感を訴える方のほとんどに太ももとふくらはぎの筋肉の柔軟性の低下がみられました。つまり、太ももとふくらはぎの筋肉の緊張があまりにも強くなると、膝の曲げ伸ばしの際に膝関節に大きな負担をかけてしまい、結果として膝に痛みが出てくるという事です。筋肉はレントゲン写真にはうつりませんので、問題がおきてたとしても画像上は異状なしとなるわけです。膝に痛みを今まで感じたことのない方達の太ももとふくらはぎの筋肉をみさせてもらうと、痛みがある方達の筋肉と比べて柔軟性が高い傾向にありました。このことからも膝周辺の筋肉の柔軟性をしっかりとだしてあげることが、膝の痛みを軽減させたり、予防する上では非常に大切だと言えます。

当施術所では、膝の筋肉のバランスを整えて膝の痛みを良くしていくことを得意としています。もしもの時はご相談おまちしておりますね。

伏見区で整体なら「伏見桃山整骨院」 PAGETOP