「伏見桃山整骨院」で痛みや不調を根本改善

みなさん、こんにちは。梅雨が明け、夏の暑さもいよいよ本格的になってきました。この時期はこまめに水分補給を行わないと、すぐに脱水症状に陥ってしまいますので注意が必要です。軽度な脱水症状でも筋肉がつりやすくなる事があります。今回は、脱水症状になると筋肉がつりやすくなる理由についてお話していきますね。

筋肉が収縮するためには、カリウムやカルシウム等のミネラルが必要です。脱水症状に陥ると、体内のミネラルの量が不足し筋肉内のミネラル量も不足してきます。その状態になると筋肉の収縮を上手にコントロールする事が出来ません。結果、自身の意識とは無関係なところで筋肉が過度に収縮してしまいます。これが、筋肉がつっている状態です。予防策としては、①水分補給をこまめに行う事。水分も、スポーツドリンクを水で薄めたものがおススメです。②全身の筋肉のバランスを整える事。筋肉がつりやすい人とそうでない人の差は、筋肉の柔軟性の差にもあります。普段から負担をため込みすぎないように、定期的にケアをしていきましょう。

当施術所では、日頃から負担が掛かった筋肉に対しては、深部側の筋肉のバランスを整える施術を行い状態を良くしていきます。施術以外でも、日常生活において気を付ける事などのアドバイスも致しますので、一度当施術所までお越しください。

伏見区で整体なら「伏見桃山整骨院」 PAGETOP