「伏見桃山整骨院」で痛みや不調を根本改善

みなさん、こんにちは。今回は「筋肉に柔軟性が必要な理由」についてお話ししていきます。

私達の身体は、関節が動く事によって様々な動作を行います。そして、その関節を動かしているものが筋肉です。筋肉に柔軟性が必要と言われる理由の一つが「関節の可動域の確保」という点にあります。筋肉に柔軟性が無いと関節の動きが十分に出ない上に、場合によっては更に関節の動きを狭くしてしまいます。もう一つの理由が「筋力の問題」です。私達の筋肉は、ゴムのように伸び縮みする性質を持っています。しかし、筋肉の性質上「縮む」事は自力で可能ですが、「伸びる」事は自力では不可能です。つまり、筋肉はケアをしない限りは、使えば使う程柔軟性が低下してくるのです。柔軟性が低下している状態とは、筋肉がある程度縮みきってしまっている状態なので、これ以上縮むことが出来ません。筋肉は縮む事により力を発揮しますから、柔軟性が低下した状態では十分な力を発揮出来ないと言えます。

「関節の可動域の低下」と「筋力の低下」は、どちらもケガをするリスクを高めてしまいます。当施術所では、筋肉のバランスを整える施術を行う事で、関節の可動域を広げつつ筋肉を本来の状態に戻していきます。上記の点に心当たりのある方は一度ご相談下さい。

 

伏見区で整体なら「伏見桃山整骨院」 PAGETOP