「伏見桃山整骨院」で痛みや不調を根本改善

みなさん、こんにちは。今まで当ブログで色々な身体の事についてお話してきました。その中で筋肉や靭帯の事についても度々触れてきましたが、そもそも筋肉と靭帯の働きや違いについては中々ご説明できなかったので、この機会にご説明していきます。

筋肉・靭帯共に骨に付着しています。ただし、性質が異なります。筋肉は伸縮性があり主に関節の動きに関与します。靭帯は伸縮性が無く主に関節の安定性に関与します。簡単に言い換えれば、筋肉は関節を動かすエンジンのような物であり、靭帯は関節が無理な方向に動かないようにするストッパーだと言えます。他にも大きな違いがあります。それは回復能力です。筋肉には血管が豊富に存在する為、例え傷ついたとしても時間が経てば元通りになります。しかし、靭帯は血管があまり存在しない為一度傷ついてしまうとなかなか回復しません。さらに厄介な事に、靭帯は少しでも傷ついたりすると関節の安定性を保てなくなります。よく「靭帯を伸ばす」といった事を耳にしますが、この場合も靭帯が傷ついているのと同じ意味だと思って下さい。このような理由から靭帯が傷ついてしまった場合は、完全に元通りにする方法は手術以外にありません。

当施術所では深部側の筋肉のバランスを整える施術を行うことで、筋肉だけでなく靭帯にかかる負担も減らしていきます。靭帯が傷ついている恐れのある場合は、そこに負担がかからないようにしっかりと固定を行い、必要であれば専門機関へ行かれることをお勧めする場合もあります。しかし、個人での判断は中々難しいと思いますのでその際はご相談ください。

伏見区で整体なら「伏見桃山整骨院」 PAGETOP