「伏見桃山整骨院」で痛みや不調を根本改善

みなさん、こんにちは。今回は睡眠の事についてお話していきますね。突然ですが、みなさん睡眠はしっかりととれていますか? 睡眠中によく夢を見る方は要注意ですよ。もしかしたら熟睡できていない可能性が高いです。少し詳しく説明していきますね。

冒頭で、よく夢をみる方は要注意とお伝えしたのには理由があります。通常の睡眠は、浅い睡眠と深い睡眠を交互に繰り返しています。夢をみるタイミングは浅い睡眠の時です。つまり、よく夢を見る方ほど睡眠が浅いといえます。しっかり寝たはずなのに次の日に疲れが取れない場合は、浅い睡眠と深い睡眠のバランスが悪いことも考えられます。では、どのようにしたら浅い睡眠と深い睡眠をバランスよくとれるのか?実は良質な睡眠をとるためには睡眠前の行動や習慣が大きく関係してきます。人間の身体は体温が高くなった状態から、体温が下がった時に眠たくなります。この眠たくなったタイミングで寝て頂くのが効果的です。例をあげると、入浴後の状態です。この状態は精神的にもリラックスしやすく、このタイミングで眠って頂くとバランスの良い睡眠がとれる可能性が高いです。付け加えると睡眠前に温かいお白湯を飲むの効果的です。外からだけでなく、身体の内側からも体温を上げてあげましょう。後、睡眠前のNG行動についてもお話しておきますね。睡眠に入る1~2時間前にはケータイ・スマホ、パソコン、テレビなどの電子機器の使用は極力避けるようにしましょう。電子機器の画面は眼を疲労させ、良質な睡眠の妨げになる恐れがありますのでご注意ください。

身体の健康を維持していくためには良質な睡眠が必要不可欠です。今回は睡眠のポイントについてご説明しましたが、これらのポイントを意識しても睡眠がとれない場合もあります。そのような場合は、背骨が歪んでしまっている可能性もありますので、是非当施術所のB&M背骨歪み整体を受けてみてくださいね。

伏見区で整体なら「伏見桃山整骨院」 PAGETOP