「伏見桃山整骨院」で痛みや不調を根本改善

先日、当施術所に来られる利用者さんから浅層の筋肉と深層の筋肉の違いについてご質問を頂きました。浅層の筋肉は主に関節を動かし、身体の動きに関与します。一方深層の筋肉は、主に関節を安定させる役割を持ち、姿勢の維持等に関与します。実は、日常生活の中で特に身体を酷使した訳でもないのに身体に痛みが出る場合は、深層の筋肉に負担が掛かってしまっているのです。原因は、日常生活内の身体の使い方にあります。深層の筋肉は、姿勢の維持に関与する筋肉なのですが、普段から「猫背」「足を組む」「頬杖をつく」等の悪い姿勢を取っていると深層の筋肉に大きな負担が掛かります。深層の筋肉に負担が掛かりすぎると、深層の筋肉と繋がる背骨にも負担が掛かり、最終的に背骨が歪んでしまいます。背骨が歪むと、更に周りの筋肉に負担を掛けて痛みが強くなるという悪循環に陥ってしまいます。

私達の施術は、このような痛みのメカニズムを踏まえた上で、深層の筋肉に対して施術を行っております。また、歪んでしまった背骨に対しては「B&M背骨歪み整体」を行い根本的に身体の状態を良くしていきます。お困りの方は一度ご相談下さいね。

 

伏見区で整体なら「伏見桃山整骨院」 PAGETOP