「伏見桃山整骨院」で痛みや不調を根本改善

みなさん、こんにちは。今回は「枕と睡眠の関係」についてお話していきます。
最近では睡眠不足の方の数が増えてきていて、深刻な問題になっているようです。睡眠不足は健康上では明らかにマイナスとされています。人間の身体のすべての指令を司るのは脳の役割です。その脳に休息を与える方法が睡眠なのです。しかし、睡眠不足になると脳に十分な休息を与えることが出来ないので、脳の働きに悪影響を与えます。睡眠不足に陥る原因は人によって様々ですが、大きく分けると次の二つに分けられます。
① 十分な睡眠時間が確保できない。
②  十分な睡眠時間は確保できているが、熟睡が出来ない ①に関しては、中々難しい問題です。その人のライフスタイルに深く関係するので、今回は割愛します。②に関しては、色々な原因が考えられます。その原因うちの一つが、枕が身体に合っていない事が考えられます。自分にあった枕を選ぶ事は、良質な睡眠をとる上で非常に重要です。ではどの様な点に気を付けて選ぶべきかについてお話します。大切なのは「高さ(値段ではありません)」と「硬さ」の二点です。枕が高すぎると(値段ではありません)首の位置が高くなるので、気道が圧迫され呼吸がしにくくなります。逆に低すぎると、首の筋肉に過度な負担が掛かります。硬さに関しては、ある程度個人の好みで選んで頂いて構わないのですが、あまりにも極端なものを選ぶと首周辺の筋肉に負担が掛かってしまいます。理想は、立って姿勢を真っ直ぐにした状態を、寝ている状態でも保てる事です。もし保てているのであれば、どこにも負担を掛けることなく良質な睡眠をとることが出来ます。
当施術所では施術だけでなく、利用者さん一人一人に合わせた枕も販売しています。興味のある方はお気軽にお声がけください。

伏見区で整体なら「伏見桃山整骨院」 PAGETOP