「伏見桃山整骨院」で痛みや不調を根本改善

みなさん、こんにちは。最近は秋の涼しさが目立ってきましたね。朝晩は冷えやすいですから、体は冷やされないように服装も考えて体調管理には気をつけていきましょうね。
さて、今回は寝るときに枕は必要なのか?のお話をさせてもらいますね。

最近はテレビ通販の番組や雑誌などでも枕について紹介されているのをみかけます。その枕ですが、当院でもたくさんの方が質問をしてくださります。その枕についての質問で多いのが寝るときに枕は必要のなのか?という内容です。結論からお話しすると、寝るときに枕は必要です。そもそも枕は何のために使うのかと言いますと、仰向けに寝たときに首と布団との空間ができるのをうめて筋肉の力みを少なくし、睡眠の質を高められる姿勢を保つための道具になるからです。その姿勢が体の自己治癒力を高めてくれます。仰向きに寝たときにできる首と布団との空間は人によって違いがありますので、枕の高さには個人差がでてきます。ですので、どのような枕でも良い訳ではありません。そこで、当院は1㎜、1g単位で高さ調整が可能の枕があります。よくある枕を取り扱っている寝具店とは違い、筋肉のバランスを施術で整えて背骨の歪みをなくす整体をしてから高さ調整をおこないますので、正しい姿勢を保ち睡眠時間も体の回復する時間になるようにサポートさせてもらっています。ぜひ、興味がある方はお気軽にご相談ください。

他にも体の痛みでお困りでしたら、気軽にご相談下さいね。

伏見区で整体なら「伏見桃山整骨院」 PAGETOP