「伏見桃山整骨院」で痛みや不調を根本改善

みなさん、こんにちは。今回は、冷えと筋肉への負担の掛かり方の関係についてお話していきますね。この時期に冷えの話と聞くと不思議に思われるかもしれませんが、実は夏の時期にこそ冷えに対しての注意が必要なのです。そのことについて詳しくお話していきますね。

夏に身体が冷える大きな原因として、クーラーの風にあたりすぎてしまうことが挙げられます。クーラーの風は、自然の風と異なり身体を不自然に冷やしてしまいます。人間の身体は急激な温度変化には上手く対応できません。そのような事態になると身体には大きなストレスがかかります。そのストレスは主に自律神経に掛かります。自律神経の主な働きは、血管の動きをコントロールして血流を調節する事です。しかし、一旦自律神経の働きが乱れると血流の調節が出来ず、結果として体温の調節が上手くいかなくなります。ここまでくると、多くの方が火照りや冷えを感じるようになります。人間の身体の機能は血流の良し悪しに大きな影響を受けます。筋肉にも同じことが言えます。血流が悪くなると筋肉の動きも悪くなります。筋肉の動きが悪くなると、普段の何気ない動作でも負担がかかり、痛みを感じやすくなります。この状態こそが、「バランスが崩れた状態の筋肉」と言えます。その状態が長く続くと、バランスが崩れた筋肉によって背骨が引っ張られて歪んでしまい、更に痛みが強くなるという悪循環に陥ってしまいます。

ここまでのお話で、いかに冷えが筋肉に負担を掛けるかがご理解いただけたでしょか。当施術所では筋肉のバランスを整える施術を行う事により、筋肉内の血流を促進させて冷えによる負担を減らしていきます。また、歪んでしまった背骨に関してはB&M背骨歪み整体を行い、身体の状態を根本から良くしていきます。お困りの方は是非ご相談ください。

伏見区で整体なら「伏見桃山整骨院」 PAGETOP