「伏見桃山整骨院」で痛みや不調を根本改善

みなさん、こんにちは。最近は通勤の際に、よくランナーを見かけます。健康維持もしくは増進のために、走ることによって体力をつけることはとてもいいことです。ただし、走る時はそれなりに身体のケアをしておかなければなりません。今回はランニング・ジョギング・ウォーキングをされる方にお勧めの身体のケアの方法をご紹介していきます。

走る・歩くをする際に必ず使う筋肉は足(特に膝周り)の筋肉です。日常的に足をよく使われる方は、この部分をしっかりとケアしていく必要があります。よく使われる筋肉としては、太ももの表側の筋肉(大腿四頭筋)・太ももの裏側の筋肉(大腿二頭筋)・ふくらはぎの筋肉(下腿三頭筋)・すねの筋肉(前脛骨筋)が挙げられます。ケアの仕方としては、これらの筋肉のストレッチをして頂くのが効果的です。では次にストレッチの具体的なやり方を説明していきますね。(ここでは右足の筋肉を伸ばす場合について説明していきます。)①太ももの表側・・うつ伏せになります。その状態から右ひざを曲げてきます。踵とお尻がくっつくくらいが理想的です。もし、くっつけるのが難しいようであれば右手で足をひっぱりサポートしてあげるといいでしょう。②太ももの裏側・・両ひざを伸ばした状態で座ります。その状態から身体を前に倒していきます。両手で両足のつま先を触れられるくらいが理想的です。③ふくらはぎ・・②と同様のストレッチで伸ばすことができます。④すね・・右足首を左手で大きく回してあげてください。①~④のストレッチを行って頂くと、筋肉のケアをすることができます。

今回は足の筋肉のケアの方法をご紹介しました。ただし、注意して頂きたいことは痛みが強い時は無理をしない事です。その時は身体をゆっくり休めてあげてくださいね。

伏見区で整体なら「伏見桃山整骨院」 PAGETOP