「伏見桃山整骨院」で痛みや不調を根本改善

みなさん、こんにちは。今回は当施術所の利用者さんから頂いた質問にお答えしていこうと思います。先日当施術所の利用者さんから「膝や腰が痛くなくても、サポーターはつけておいた方がいいのか?」という質問を頂きました。近年、技術の進歩によりサポーターの性能が大幅に向上してきました。装着可能な部位も、全身の様々な関節に装着することが出来るようになってきています。そんなサポーターのメリット・デメリットも併せてお話していきますね。

まず質問に対してですが、答えは「痛みが無く、動かす事に支障がない時のサポーターの使用は極力避ける事」です。これはサポーターのデメリットの部分になりますが、長期的なサポーターの使用はその部分の筋肉の働きを弱めてしまうのです。人間の身体は、外からの刺激に適応する性質があり、筋肉にも同様の性質があります。外部からの刺激に適応しようとする事で筋肉は強くなるのです。しかし、もしも外部からの刺激が極端に少ない場合はどうなるのでしょうか。その場合、刺激に適応する必要がないため筋肉は弱くなります。サポーターの問題点はまさにこの点です。患部をしっかりと保護し、掛かる刺激を最小限に抑えるメリットがある反面、その部分を弱めてしまうというデメリットがあります。ですので必要以上の使用は避ける事が賢明です。

当施術所では、ケガをした部分に対しては深部側の筋肉のバランスを整える施術を行います。そうする事で、サポーターの力を借りずとも自身の力で関節を支えられる筋肉にしていきます。サポーターが中々手放せないという方や、ケガが治りつつあるけど動きに不安があるという方は、是非一度ご相談下さい。

伏見区で整体なら「伏見桃山整骨院」 PAGETOP